江戸川学園取手小学校

えどとりブログBlog

命を守る心肺蘇生AED

命を守る心肺蘇生AED

 本校では、発達段階に応じて、心肺蘇生の学習を取り入れ始めました。今年度は、江戸川学園取手高校の2年生と交流授業を通して、心肺蘇生の学習を行う予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、実施できないでいました。そこで、江戸川学園取手高校の2年生が、小学生に分かりやすい教材動画(低学年用、高学年用)を作成していただき、この教材動画を活用して、各クラスで心肺蘇生について学べるようにしました。
 写真は1年生の授業の様子ですが、高校生が作成した教材動画を食い入るように見て学習していました。1年生は、「AEDとは?」「AEDが校内のどこにあるのか」「人が倒れていたらどうするのか」などを学びました。
 このように、中高校生と交流しながら学べるのも、小中高一貫校の本校ならではのことです。
 撮影後、小学生にどうやったら分かってもらえるか、試行錯誤しながら、江戸川学園取手高校の2年生は、教材動画を作成してくれました。高校生の「小学生のために」という温かい気持ちもよく伝わってくる教材動画でした。

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ