江戸川学園取手小学校

えどとりブログBlog

[理科3年]レッツ重さくらべ!

[理科3年]レッツ重さくらべ!

第3学年 理科「ものと重さ」
3年生の理科では、「ものと重さ」の学習を進めています。今日の課題は「ものは、形がかわると、重さもかわるのだろうか」でした。

実験をする前に、これまでの経験から1人ひとり予想を立てることが大切です。
・形をかえても元にもどるから「重さはかわらない」。
・丸い形から三角や四角にすると、角っこの数がかわるから「重くなりそう」。
自分とは視点が異なる友達の予想を聞くことで、視野が広がります。

いよいよ実験です。子ども達ははじめて触る上皿てんびんに興味津々。
上皿てんびんは取り扱いが繊細な器具なので、注意しながら実験を進めます。
粘土の形状をいろいろ変えたり、小さく分けてもてんびんのつり合いは維持されるという結果を得ることができました!

4年生になると、より本格的な実験器具を取り扱うこととなります。安全第一で実験に取り組めるよう、器具を取り扱う技能を身に付けさせながら、深く学べる授業を目指していきます。
(文責:野本)

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ