江戸川学園取手小学校

えどとりブログBlog

ひゃー冷たい!昔の洗濯は大変だ!!

ひゃー冷たい!昔の洗濯は大変だ!!

3年生の社会では、「昔の道具」についての学習が始まっています。
先日は、洗濯機が普及する前の時代の洗濯方法について、学びました。

洗濯板とたらいを使って洗濯をしていたこと、その使い方を知ったあとは、実際に子どもたちが体験する番です!

たらいに水を入れ、布を水でぬらし、汚れている所に石けんをつけたら、洗濯板でごしごし。
最初は、楽しみながら洗濯をしていた子どもたちですが、次第に寒さにふるえ始め…
「水が冷たい!」「手が真っ赤になっちゃった!」「寒すぎる!」といった声が次々に聞こえてきました。
体験をした後は、教室に戻って振り返りです。
子どもたちは、洗濯をして分かったこと・感じたことをまとめると同時に、昔の人の洗濯物の量と今回自分が洗った布の大きさを比べ、昔の洗濯の様子も想像していました。

「昔の人は、洗濯物が多い日には、洗濯をしているだけで日が暮れてしまっていたかもしれないぞ!」
「昔の人は、冬でも毎日冷たい水の中に手を突っ込んで洗濯をしていたのかな?自分だったら、絶対できない!」
などと昔の人の洗濯の大変さを思うつぶやきもあちこちから聞こえてきました。

体験した感想をただまとめるだけでなく、体験したことから昔の人の生活を想像することができる子どもたちに、とても驚かされました。
(文責 天津)

※下の写真は、子どもたちがノートに書いた感想の一部です。

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ