江戸川学園取手小学校

えどとりブログBlog

コロナ禍における修学旅行

コロナ禍における修学旅行

 12月14日(月)、15日(火)と、6年生の修学旅行を実施しました。当初の予定は、10月に京都・奈良方面で実施を計画していましたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止としていました。
 しかし、一生に1回しかない、6年生の修学旅行という学びの場を奪ってしまうのではなく、「学びを止めない」「どうやったら実施できるか」という考えのもと、関係各所・校内で話し合いを重ねてきました。
 その結果、「場所を公共交通機関を使用しないで行くことができる場所」かつ「新型コロナウイルス感染が拡大していない地域」「ホテルは各部屋少人数(2人)で泊まれる所」・・・・ということで、千葉県の鴨川周辺で1泊2日で実施する運びとなりました。また、感染が広がりやすい食事の場所や方法について、何回も検討を重ねて、万全を期しての実施となりました。
 
 子ども達も、教員と共に自ら新型コロナウイルス感染防止策を共に考え、しっかり実践できたことは、今後ウイズコロナ、アフターコロナでもしっかり生きてくると思います。

 1月8日(金)に5年生の校外学習を終え、これで1~6年生全ての校外学習、修学旅行を終えることができました。
 

 

  
 
  • バスの座席は1人で2席を使用
  • お世話になるホテルの方々には代表があいさつを行いました
  • 食事は全てソーシャルディスタンスをとって、話をしないでたべました
  • 活動は全てマスク着用

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ