江戸川学園取手小学校

教育の特色Educational features

英語

「第2の母語」をめざす、えどとり流英語教育
えどとり小の英語の授業では、第一に「英語が楽しい」と感じてもらえるような工夫を凝らしています。フォニックスを取り入れた発音のレッスンをはじめとした授業は、体やリズムで英語に慣れ親しむことができる構成となっています。

えどとり小の英語学習は
「楽しく、無理なく学習する」

  • 1st Stage 1・2年次
    英語に親しもう
    音声を中心に、身近なこと・ものが英語で表現できる
  • 2nd Stage 3・4年次
    英語の表現力
    身に付けよう
    基本的かつ応用の利く表現を聞いて身近なことを英語で表現できる。
  • 3rd Stage 5・6年次
    英語で自己発信
    をしよう
    児童の発達段階を踏まえた話題・題材で自分の考えを英語で発表できる

1〜4学年・習熟度別クラス

低・中学年=週2時間。「聞く」「話す」重視の授業で基本的な日常会話を取得します。児童のお気に入りの歌やチャンツ、ゲームなどを取り入れた楽しい指導で「英語」に興味・関心をもたせます。

5学年から・中学進学の準備

高学年=週3時間。「読む」「書く」の学習を加え英語の知識の体系化を図ります。英語のしくみを学び始めるとともに、語彙力とコミュニケーションスキルのレベルアップを図ります。

世界で活躍する土台をつくる グローバル教育

オーストラリア語学研修

グローバル化が進む現代において、多様性を学ぶことは重要です。何事も吸収しやすい学童期に海外に出ること、異文化を肌で感じることは成長に影響を与え、社会を生き抜く「たくましさ」の涵養に繋がると考えます。研修校は、ブリスベン近郊のサンコースト・クリスチャンカレッジ。本校同様小・中・高一貫教育を実践しており、江戸川学園取手中・高等学校が10年以上交流を続けてきた私立学校です。参加できるのは4~6年生の希望者となります。

英語親子合宿(希望者対象)

夏休み中(8月下旬)に福島県のブリティッシュヒルズで2泊3日の英語合宿を行います。イギリスの古城にいるような広大な施設で、異文化体験ができます。合宿中は外国人スタッフのサポートにより、授業も生活の場も全て英語で過ごします。

海外校との交流

台湾やオーストラリアの児童・生徒と交流を行っています。授業で学んだ英語力を発揮する貴重な機会となります。台湾の小学生との交流では、Skypeを使ってそれぞれの学校の様子などについて教え合ったり、プレゼンテーションを実施。オーストラリアの中高生は実際にえどとり小を訪問し、オーストラリアの文化などを説明してくれました。